高齢者生活支援施設 絆

地域福祉サポート笛吹 理事 中村悦子
絆 森の上 施設長 宮﨑豊子
絆 森の上 管理者 伊井裕

誰もの想いは「馴染みの関係の中で自分らしく生き抜きたい、いつか訪れるその時まで――」

  地域福祉サポート笛吹は、2009年4月の岡の家開設以降、近年では2017年4月に絆 介護支援センターを開設し、地域福祉のために活動を続けてまいりました。そんな中で感じるのは、人と人とのつながりが希薄になっているということです。家族同士のつながり、地域の一員としてのつながり、昔はどこにでもあって誰もが当たり前に感じることができたつながりが、今の時代は意識して自ら紡がなければ得られず、またつながりを得られないが故に他人にも自分にも関心が持てず無気力になっていく。そういった状況で孤独に最期を迎える人を少しでも減らしたい、そんな想いがこの高齢者生活支援施設 絆の建設に至りました。
 高齢者生活支援施設 絆は地域密着型通所介護事業所・有料老人ホーム・地域交流という3つの柱を軸に活動していきます。 地域密着型通所介護事業所の強みを生かしてその人らしさを生涯実現するための自立生活支援を積極的に行い、地域交流事業を通して利用者・職員・地域の方々がそれぞれの力を発揮しながら一体となって支え合いながら大家族のような温かいつながりを構築し、いずれ身体が動かなくなる時が来たならば慣れ親しんだ地域と馴染みの関係の中で最期まで安らかに過ごす。 高齢者生活支援施設 絆は「その人らしさを発揮しながらつながりを創ることができる場所」そして「地域に根差す終の棲家」となることを目指します。
 気遣ってくれる仲間がいる。手の届くところに温かい笑顔と見守る目がある。最期まで安心できる共生・協働の暮らしを始めてみませんか。

記事一覧